So-net無料ブログ作成

野辺山・清里・小海線 [鉄道ファン]

野辺山といえばC56なのです。
私にとってSL撮影を始めるキッカケともなった機関車。
080605 001.JPG

昭和45年頃、手に入れたコダックインスタマチックカメラで火を落としたD51やC12やC58を撮るには撮ったのですが、それとは別に、親父の運転するスバルレオーネGLに乗って遭遇した小海線のC56は鮮烈な印象を残したのです。080605 004.JPG

最初は、おそらく昭和46年頃、佐久~臼田あたりの国道146号線を走行中、国道の左下を煙がモクモクと上るのを発見。既に高崎は無煙化されていたので生きている汽車を見たのは久しぶりだったに違いないのです。080605 005.JPG

そのまま国道を南下し、野辺山~清里間の最高地点踏み切りに差掛かった時、あたりが騒然とした雰囲気に包まれておりました。どうやら上り列車が来るようです。近くに車を止めて親父がカメラを取り出しました。レオタックスです。これには、リバーサルフィルムが入っておりました。080605 008.JPG080605 009.JPG

数分後あえぎながら登ってくるC56が現れました。八ヶ岳もキレイに見えます。煙の具合も程よく、こりゃぁ傑作が撮れただろうと、期待して現像を待ちました。ところが、どういうわけか、C56の姿だけは写っていたものの半分が真っ白という失敗写真。
考えてみれば、このときのリベンジを、と撮影に出かけたのかもしれません。

080605 010.JPG

次に出かけたのは有名な「3Lの旅」というEL、SL、DLが担当区間をそれぞれ牽引する同一列車の運転日でした。
やはりこの最高地点踏み切り近くで撮影。友人達と一緒に行ったのですが、彼らは私が注意するのも聞かず「境川鉄橋」を渡り始めました。その直後、近くで気動車の警笛が聞こえ上り列車がやってきたのです。危うく間一髪(本当に!)のところで鉄橋を渡りきり助かりましたが、一歩間違っていたら、鉄道ファン史上に残る事故になっていたかもしれません。今、思い出しても恐い。
この踏み切りに立つと、三十数年前の出来事をハッキリと思い出すことができます。

境川鉄橋のすぐ横を国道が走り、旧道は雑草が生い茂って昔の面影はありません。
八ヶ岳の山並み、残雪、青空、緑、そして風は昔と同じですけれど、、、。
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 6

む〜さん

C56は出なくても、煙は無くても、気動車さえ出なくても、私にはC56の引く混合列車が見えたのです。
素晴らしい!!
父子の交流を感じ、そして、幼かった我が子達と旅したことも思い出してしまいました。

5枚目の写真、左右の家と遠くの山、自動車一台の写真ですが、左の家の軒先から、ニョロニョロと伸びたバーの先には、如何やら硝子球らしきもの。これが、気になりました。昔の照明具なのでしょうか・・・・。

by む〜さん (2008-06-10 09:51) 

quatre-l

>む~さん

本当ですね。ご指摘いただくまで気づきませんでしたが、たしかに面白いスタイルです。
おそらく電球の取り付け用アームでしょうか?

ところで、ただいま会津若松の駅前にあるビジネスホテルからアクセスしております。
今日は、七日町、西若松といった会津線、只見線の思い出深い地区を訪れる事が出来ました。あのあたりは、昔とそれほど変わっておりませんでした。もちろん、駅舎は新しくなりましたが、漂う雰囲気は昔のまま。
秋口には沿線にコスモスが咲き乱れる風景が見られることでしょう。
会津若松駅には、外壁こそ新しくなりましたが扇形機関庫と転車台が残っており、ばんだい5号で降り立った早朝の光景を思い出しておりました。
意外と小さい駅だったんだなぁ、、、。
by quatre-l (2008-06-11 23:28) 

HUDSON

前は国鉄最高地点でしたね。
何度となく訪ねた場所なのでとても懐かしいです。

国鉄時代は「季節列車」と呼ばれる列車がありましたね。
「ばんだい」にもそんな夜行がありました。
by HUDSON (2008-06-12 07:59) 

quatre-l

>HUDSON様

ただいま、喜多方から会津若松に戻りました。
日中線の熱塩駅も訪ねてみました。
34年前の情景を思い出してちょっぴり感傷気味であります。
野辺山あたりもいつまで経っても懐かしさを感じる場所ですね。
by quatre-l (2008-06-12 19:38) 

クロヒコ

こ、これはリアル『スタンド・バイ・ミー』ですねw

以前小海線に乗った際、佐久平で長野新幹線を高架で跨いだのでびっくりしました。
ローカル線とはいえ、侮りがたし!
そのときは佐久海ノ口から歩いて行ける温泉に入ったのですが、夏の風が爽やかでした。
by クロヒコ (2008-06-16 02:11) 

quatre-l

おお!クロヒコ様も小海線にご興味がおありですか。
海ノ口温泉もいいらしいですね。

明日から甲府へ行きます。
やはり佐久を通って向かいます。

何度行ってもそのたびに新しい発見がある小海線。
好きですねぇ、、、。
by quatre-l (2008-06-16 23:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。