So-net無料ブログ作成
クルマ ブログトップ

シトロエンC5 [クルマ]

234000円ナリ。
ヤフオクで競り落としました。
なんでこんなに人気がないのか?いいクルマなのになぁ。

先日、いつもの敷島温泉へ出かけました。高崎から榛名山麓を通って赤城山の麓にある温泉に行く。
080917 004.JPG
帰りがけに、駐車場内にあるお土産物屋さんで渋川産「ホルモン焼き」の材料を購入。これがうまかった!

先週末は恒例の北軽井沢へ。毎年この時期は、知り合いのギター製作家Iさんの別荘に集まるのだ。
080917 010.JPG

あたりはもう秋の世界。
080917 040.JPG

これは、何の実でしょ?
080917 042.JPG

それにしても234000円は安いよなぁ。
080917 056.JPG

安さの秘密は、デザインでしょうか。
シトロエンとしては、非常に凡庸なもので、あまり面白みのないデザインです。

しかし、それでも余りある乗り心地のよさは、素晴らしいものです。
C5ですら、この乗り心地なのですからC6はいったいどんなものになっているのか、、、、。
早く乗ってみたいものです。いずれヤフオクで落とせるのかなぁ~。
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

FBM 2006 [クルマ]

10月22日、二年ぶりのFBM(フレンチ・ブルー・ミーティング)に参加しました。

高崎をAM5:00出発。ちょっと曇りがちな空模様。大丈夫かいな。天気予報だと晴れるはずなんだけれど、山の天気は気まぐれだしなぁ、、、。ちょっと旧いクルマはちょっとした雨にも弱いのだ。

国道254号線経由で富岡~佐久へと向かう。今日のクルマは知り合いのシトロエンC4 2.0エクスクルーシヴ。このクルマは私のお勧めで購入に至った経緯がある。
http://www.citroen.co.jp/products/c4/index.html
内山峠にさしかかった頃から小雨が、、、。ああ~やっぱり降ってきた!大変だなぁ。(これには、理由があります)しかし、佐久に着く頃には雨も上がりうっすらと青空が見え出しました。

お勧めしたのにナンですが、実はC4には試乗した事がなかったのです。本日が始めてのドライブ。これから、白樺湖を経て車山へ自分が運転して行きます。
ん~、予想通り剛性感のある乗り心地。それでいてハイドロのようなやわらかさをもあわせ持っている絶妙のセッティング。2リッターは必要ないかなと思っておりましたが、やはり山坂道には強い。

内装も独特の味があってシトロエンファンの私としてはウレシイ限りです。ステアリングホイールの中心部が回らないという驚かされるアイディアも違和感なく、透過式のセンタースピードメーターは視認性が良く完成度が非常に高い。当然ながらシートもしっかりとして現代のシトロエン。

あっという間に車山へ到着。いつもはキャトルでこの登坂路を苦労するものですから、こんなに早く着けるなんてビックリです。ま、途中の紅葉も見事なのでゆっくり登っても飽きる事がありませんが。会場には8時台に到着。佐久の「おぎのや」で朝食休憩をとりましたから、約2時間半という所要時間でした。不思議なものでキャトルで来ても同じくらいです。

続々と到着するフランス車をウキウキした気持ちで眺めておりました。しかし、なんでこうもフランス車が好きなのかなぁ?実に不思議です。初めて見る新型車にも興味津々。上の写真はルノーモデュス。日産によれば、輸入はしないらしいです。
http://www.renault.com/renault_com/en/main/40_VEHICULES_ET_SERVICES/10_Vehicules/Catalogue/Modus/index.aspx

背面にサイクルキャリアを付けていました。これいいなぁ。

さてさて、今回最大の目的はキャトルクラブの皆様へのご挨拶。mixiでいつもお話させていただいている皆様です。以前にもこのクラブのスペースには足を運んでいたのですが、私のサビサビキャトルは恥ずかしくて近くに寄れませんでした。
今回はC4ですので隅っこに置かせていただきました。

いい機会なので、今回このクラブへの加入申し込みもお願いしました。
今後は、もっとアクティブに活動したいと思っております。
ところで、小雨が気になっていたのは、この写真の中央にあるキャトルのオープンカー「プレネール」がおそらく参加されているだろうということでした。とにかく雨には弱い!ですからねぇ、、。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヴィッツ かっこいい。 [クルマ]

以前からなんとなく気になっていたのが現行のヴィッツ。
たしか、著名なヨーロッパのデザイナー作品だったような気がする。
数あるトヨタ車の中でもデザイン的に優れたクルマだと思う。

以前、友人がレンタカーで借りた初代ヴィッツは、パッケージングに優れていたものの乗ってみた印象は思っていたものとは違った。インターフェイスの部分が非常に安っぽい感触であったのだ。

その経験から察するに現行もおそらく同様の「安っぽさ」が残っているのではないかとは思う。
しかし、街路樹のある道路脇にたたずむヴィッツはかっこいい。

普段の街乗りに欲しい一台だ。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
クルマ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。